人手不足つったってばばあ採る気無いだろ?

やっとここのところ仕事探ししてるのに

申し込みしても全然返事が来ない。

 

「ご応募ありがとうございました」が送られてきてから

音沙汰がないからこちらから連絡しようと思ったら

もう募集は終わってるとか。

 

連絡が来ても「もう他の人に決まりました」って言って

後から見たらまだ求人してたりするわけです。

 

最近は年齢制限を記載していないため応募する方も探り探りになるし

 

求人する側もまだ求人ホヤホヤだった場合

最初に中高年が応募してきたらどうしますか?

「ああもっと若くて見込みがありそうな人がいいんだけどな」って

ちょっと保留気味に放置するか引き延ばすかして

生きのよさそうなのが来るまでしばらく待つのではないですか?

 

それでも来なくて猫の手も借りたければ

「ま、おばさんでもいないよりマシか。」って。

絶対そう

実際そう

f:id:ma-piese172:20170524015041j:plain

だから結局、人気なとこには応募も来るから生きのいい若い人採るでしょう。

おばさんは、募集してもなかなか人が集まらない最低賃金のところに行くしかなくなる。

自然な原理だから納得するしかない。

最低賃金で残業無し、最低の生活になります。

 

専業主婦を何十年やったって、そんなもの企業では認めてもらえません。

「専業主婦」ってなんで履歴書に書けないの?

 

「一応面接してみよかー」って落とす前提でやられるよりはいいけど

心が折れます。

 

世知辛くて

久々にブログ書くのにグチです。叫びたいグチです。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

筋力が足りなくて怪我をした話

もともとヒールの高いものはあまり履かないが

かかとの高い靴のほうがスラッとして見えるので

持っているいくつかの靴の中には高めのものもある。

適度に高い5cm位のものの中でもクッション性がいいものであれば

逆に履きやすかったりする。

 

しかし、ヒールが高ければそれだけリスクも高くなる。

よく見かける、「グキッ」ってやつ。

ちょっとの段差で靴底のバランスを崩した時に

足首が横にグキッとくじくことはよくあること。

大抵は、足首だけのグキッで済むんだけど

 

昨年の夏、私は

その「グキッ」でケガをした。

f:id:ma-piese172:20170513200802j:plain

出勤する途中、歩いていてコンクリートと砂利の境目の所で思い切り

足をくじいた。

ガクっとなった瞬間、斜め前に倒れこむ形になった。

暑い夏の時期で

その日は荷物が多く右手にバッグを持ち、左手にもお弁当や着替えを入れたバッグ

をひじにかけて、手には日傘を持っていた。

どうやって倒れこんだのか自分でもよくわからなかった。

持っているものが色々邪魔をして

手をついたつもりがおでこまで地面についたが

そんなに痛みは感じなかった。

 

「あーやっちゃった」そう思いながら、立ち上がろうとすると

「ポタポタポタ」

赤いものが地面に落ちた。

「ポタポタポタ」

履いていた白いパンツにも落ちた。

「あ、血だー!おでこ切れたんだ」

切れたことよりも、意外と冷静に「今から仕事なのにーどうしよう」

そんなことを思いながらバッグからティッシュを出しておでこを押さえた。

ティッシュを探している間にも血はポタポタ落ちている。

2~3枚のティッシュをあてがったが、そんなものは

あっという間に血を吸いこんで赤くびしょびしょに濡れたので

タオルハンカチを出して押さえた。

住宅街を抜ける道を歩いていたため人通りは無かったが

たまたまバイクに乗った男性が通りかかって

「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。

 

f:id:ma-piese172:20170513202347j:plain

 

おでこは押さえていたものの、当然顔も血だらけで

青と白のストライプのブラウスも白いパンツも持ってたバッグにも

血が付いてたいたわけで

バッグも散乱している状態で、それを見た人は何事かと思っただろう。

私は「大丈夫なんですけど、ここどうなってます?」と、おでこを見せた。

荷物を拾ってくれながら「ああ、切れてますね」と言って

「そこに病院ありますからそこ行きましょうか。歩けますか?」

と言ってくれた。

 

その場所からは歩いて200m位の所に大きな総合病院があった。

「あ、はい。歩けます。そこ行きます。大丈夫です。」

そう言って荷物を持ち直してその病院まで歩いて行くと

総合病院の門のところにさっきのバイクの男性がいて

「病院の人に聞いたら救急受付してくれるみたいなので

そこの窓口まで行ってください」と親切に案内してくれた。

 

そう、その日は土曜日で、病院は救急外来以外は休みだった。

私はその人にお礼を言って入っていくとすぐに病院の人が出てきてくれた。

 

   f:id:ma-piese172:20170513202216j:plain

 

何の専門の医師かわからないが、ちょっと見せてくださいと言って

救急外来の待合スペースの椅子に座るよう促され、おでこを見た。

もうその時には血は治まっていたようで、垂れてこなかった。

そのおでこを見て

「ああ、切れてるね。何に頭をぶつけたんですか?傷の手当は出来るんだけど

その上がだいぶ腫れててCTとか撮ったほうがいいから、ちょっと救急車呼んでくれま

すか?」と言った。

「え?救急車ですか?」

「そう、ちょっと今日は傷の手当てできる者はいるけど、CT撮れる者がいないから

別の病院でやってもらうように、救急車呼んでください。」

「え?自分でですか?!」

「はい。携帯電話持っていますか?怪我した状況とか連絡先とか聞かれますので

自分で電話したほうがスムーズに済みますから。ここでいいですから119してください」

「は、、はあ。わかりました」

とその場で病院の椅子に座りながら「119」に連絡をし

そこまでの事情を説明して、指示通りその場で救急車を待った。

 

待っている間に勤務先に連絡を入れて、そしてそっとおでこを触ってみた。

自分で見れないので傷がどこなのかわからないが、おでこの右上の方が

ぼっこりと腫れていた。でも着いたと思った手のひらがかすかに痛かっただけで

おでこ以外はどこにも傷は無かった。

 

救急車の隊員が来て案内され、救急車の細い担架のようなベッドに座った。

緊急性はそれほどなさそうだと判断したのか

「まずはここで手当てしますね。」と言って、ひとりは手や顔の血を丁寧に

拭き取っとくれて、もうひとりはめまいが無いかチェックしたり

パンツに血が付いていたのでまくって膝までチェックしたり、血圧を測ったり。

搬送先の病院に受け入れ可能か確認しながら

テキパキと手際のいいこと。

 

f:id:ma-piese172:20170513201154j:plain

そして寝るように言われて落ちないように固定され

受け入れてくれる病院まで7~8分くらいで着いた。

なにしろ、赤信号でも通れるし他の車はみんな譲ってくれて

この程度の怪我で申し訳ないくらいだったけど。

 

病院に着いてCTを撮ったが何も異常はなく、眉毛のすぐ上を4針縫うだけで済んだの

で病院からはタクシーで血だらけの洋服のまま帰った。

 

しかし

病院から自分で救急車を呼ぶとは思わなかったな。びっくりだ。

っていうか

転んで救急車を呼ぶほどの大事になるなんて、結局おでこの傷なんて2cmも無いほど

で、なんだか恥ずかしくなった。

おでこって毛細血管が集まっているから血がたくさん出るらしい。

筋肉の衰えがあらわになったこの出来事

若ければ踏ん張りでおでこまで付くことは無かったんだろうから

足腰鍛えなくちゃなと思った。

 

それと 

病院まで案内してくれたバイクの人にありがとうと言いたい。

あれのおかげで遅刻してなきゃいいんだけど。

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

体調不良は小麦のせいかもってホント?

私は小さなころからお腹を壊しやすかった。

よく夜中にピリピリとした腹痛で目覚めていたし

高校生の時にも激痛とひどい下痢で入院したことがある。

すぐにお腹を壊すので常に暴飲暴食や刺激のあるものを控え、かき氷なんて真夏でも

食べることは無いし、時によってファストフードの冷たい飲み物などは「氷抜きで」と

注文する。

 

ところがここ数年、気づいたんだけど

パスタ、ラーメンを食べると結構な確率で次の日下痢をする。

まず、ピリピリと胃のあたりから痛みが出て

「あ、来たな」と。軽い下痢のときもあれば、腸のものすべて出し尽くすくらいの

ピーピー状態になるときもある。

大抵食べた翌日症状が出るので、原因が特定しづらく

よくあることだし放置気味で、頻繁にトイレに行くのが困るときは

正露丸糖衣(臭くない正露丸)を持ち歩く。

 

f:id:ma-piese172:20170515232538j:plain

気になってネットで調べるとパスタなどで下痢する人が結構いると知った。

パスタや麺類、パンなどに含まれる小麦類に含まれる「グルテン」で

お腹を壊す「グルテン不耐性」というもの。

グルテンという成分が体に入るとそれを分解できず体に不調をきたしてしまう

体質のこと。

 

まさかそれ?

でもパン大好きでよく食べるし、そのせいで便秘知らずなのか?

このグルテンのアレルギーは病院で検査できないそうだ。

 

グルテンとは

小麦、ライ麦などの穀物の中のたんぱく質の一種で

麺やパンなど弾力性や柔軟性を出すためのもの

 

f:id:ma-piese172:20170515232738j:plain

 

最近ではこの「グルテン」が体のさまざまの不調を作り出すと言われていて

グルテン不耐性の人が摂取すると

主に胃腸障害で、慢性の下痢や便秘

関節痛や皮膚疾患、慢性疲労や精神疾患うつ病などまで引き起こす可能性が

あるということだ。

 

自分では気づかず「グルテン不耐性」の体質だとしたら

小麦を使った加工食品を口にしなければ改善するわけだ。

 

グルテンが含まれるもの

  • 麺類(十勝そば除く)
  • パン類
  • ケーキ類-パンケーキ、ドーナツ、クッキーなど
  • ピザ
  • コーンフレーク
  • 餃子や焼売の皮
  • カレーやシチューのルウ
  • フライや天ぷらの衣
  • 中華まんの皮
  • 醤油
  • ビール
  • たこ焼き、お好み焼き
 

これって普段結構食べてるし好きなもの多いし!麺好きにはきびしいじゃん!

甘いもの好きからしたら、ケーキやパンにも含まれているし

完全にグルテンフリーって難しくないの?

って思うが、どうしても食べたければ最近ではパンでも「米粉」で作られたものも

あるし、薄力粉の代わりに米粉を代用できそうだ。

お米、肉、野菜、フルーツなど、加工品でなければグルテンなど無いので

普通の食事でいいのだからできるかも!

 

f:id:ma-piese172:20170515232701j:plain

パスタ好きだけど、たしかに生パスタは必ずピーピーさんがやってきたな。

 

アメリカなどではスーパーでもグルテンフリーのコーナーが設けられていたり

レストランのメニューでグルテンフリーと表記があったりするらしいが

日本ではまだまだそこまでの周知はされていない。

 

それでも

ビールでも「グルテンフリー」と謳っているものや麺類でもグルテンフリーの食品は

出回ってきている。麺類はどうしてももちもち感が無くなってしまうのだが。。。

 

しかし、体調が改善するなら慢性の下痢や便秘、皮膚疾患でお悩みの方は一度

グルテンフリーの生活にしてみてはいかがでしょうか?

体調不良がすべて小麦のせいでは無いでしょうが試してみる価値はありそうです。

 

 1~2週間で効果が出るそうなのでとりあえず2週間!とか決めてみると

いいかもしれませんね。

できるかなあー

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

子どもが親に与えている「無償の愛」

親孝行って何でしょうか。

私は親の立場と子の立場としてやはり「元気で幸せでいること」だと思います。

息子だったりすると一人立ちしてしまえば

めったに連絡もくれないけど元気でいてくれればいいと。

 

けれど最近では

「子どもは3歳までに一生分の親孝行をする」と言われてますよね。

お腹に宿ったときの喜び

動いたと言っては喜び

産まれたときの喜びや感動

寝顔の可愛さやいとおしさ

寝返りを打った、立った、歩いた、しゃべったといっては喜ぶのが親です。

ほんとにかわいくて、この子のためなら自分の命さえ惜しくないと思ったり。

そんな気持ちにしてくれるんですからそれが「親孝行」だというのでしょう。

 

f:id:ma-piese172:20170514222046j:plain

 

でも逆に子供が一番大変な時期でもありますから

いい時ばかりではありませんよね。

 

わけわからないことで泣き止まなかったり

親の都合なんか無視でダダこねるし、こぼすし

おもらしはするし、うんこははみ出すし、吐くし

ほんとイライラすることもあります。

 

なのに寝顔を見たら全部チャラです。

怒ったことさえ「怒ってごめんね」って寝顔に言います。

 

怒られた後だって鬱陶しがられたって、ママが見えなくなると

トイレまでついてくるし、一緒にお布団に入らないと寝ないし。

 

子供からすれば親への信頼感はハンパない時期なのではないでしょうか。

抱っこしていて全体重をどっしりあずけてきたり、のけぞったり

無茶な動きをしてきても絶対落とされないだろうという安心感。

どんだけ親を信頼してんだよ。

こっちが手を離したらおしまいじゃないかって思うと、愛おしくてたまらなくなります。

 

f:id:ma-piese172:20170514221927j:plain

世界中のどこを探しても、一番親を愛してくれてるのは子供なんです。

そんな幸せってありますか。そんな幸せを感じることが出来るから

「親孝行は3歳までにしている」と言われる所以かもしれません。

 

 その一方で「赤ちゃんポスト」に預けられた子どもが、ここ10年間で

125人いたということ。

さらに、1歳未満の赤ちゃんが被害者となった殺人事件と殺人未遂事件は

おととしまでの10年間で178件起きているということです。

 

f:id:ma-piese172:20170514222532j:plain

 

赤ちゃんポストに関しては預けた理由として複数回答で

「生活の困窮」「未婚の出産」「世間体」「戸籍に入れたくない」

となっています。

やむを得ずの事情もあるでしょうが

それ以外にも電話相談件数が年々増えていて、昨年の平成28年度は6565件

あったということです。

ほとんどが中高生や不倫女性の望まれない妊娠の相談だといいます。

それだけ周りにも相談できないで苦しんでいる女性がいるってことですよね。

 

安易な性行為が増えていることもあるのでしょう。

 

性に対する考え方が奔放になり、性行為も低年齢化しているのに

避妊に関しては閉鎖的な感じを受けます。

親が子供に性教育してる家庭がどれだけあるのかわかりませんが

避妊も男性本位になっているのでしょう。

 

簡単に解決できる話では無いとは思いますが、犠牲になるのは子供です。

愛したい人に捨てられ、殺され、そんな子供たちが年々増えてるというのは

悲しいことです。

 

無償の愛を経験できる子供が増えてほしいと願ってやみません。

 母の日にそんな気持ちになりました。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村