読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症予防に。

認知症は65歳以上の方が将来4人に1人がなるといわれている。


夫婦で考えれば2世帯のうちの一人が認知症ではないか。
言い換えれば、2軒に1軒の家庭に認知症患者がいるということだ。

他人ごとではない。

核家族化も拍車をかけてるのではないかとおもう。
お年寄りが孫の面倒をみることもなくなっている。

我が家では親戚とか何人か集まったりするとよくゲームをする。
テレビゲームではない。
UNOとかそういったたぐいのカードゲームだったり

最近のお気に入りはドブルというカードゲームだが
ものすごく単純なゲームなので
幼稚園児から高齢者までできる。

発売以来6年間で、欧米で700万個以上を販売した大ヒット中のゲームで日本でもなかなか手に入らない時期があった。


アスモデ社カードゲームドブル 日本語版【おもちゃ歳から】【子どもお誕生日知育玩具プレゼントキッズ子供ゲーム木のおもちゃギフト出産祝い赤ちゃん男の子女の子】


f:id:ma-piese172:20170218002253j:plain


ドブルは、それぞれに50種類以上のマークの内から8つが描かれた55枚のカードで遊ぶゲームで
全てのカードは他のカードとたった1つだけ共通する絵柄が描かれており、それを探すことがゲームの目的。

それぞれのプレーヤーに一枚ずつカードを配り
真ん中に残りのカードを重ねて絵柄を上にして置く。

その瞬間からゲームがはじまるのだ!

自分のカードと共通するものを
真ん中に置いたカードから見つけ出してその名称を言いながら
指差しすればいいのだ。早かったものが勝ち!でそのカードを1枚もらう。
すると次のカードが出てくるので
また共通の絵柄を見つけ出す。。。という繰り返しなのだが
文章ではわかりづらい(^^;)

慌てておかしなことを口走ったりとなかなか盛り上がる。

幼稚園児と70代の母親が同じレベルで楽しめて
孫と遊んであげるという建前でありながら認知症予防にもなる
こういうゲームっていいな。

そしてゲームって
小さい子とお年寄りが混ざっていたほうが思わぬハプニングや珍回答が出てきて
断然盛り上がる。

一概にはいえないが認知症の予防はとにかく脳を動かし、手を動かすことがいいとされているみたいだし。

他にもまだおすすめゲームがあるのでおいおい紹介したいとおもいますー