美しい穢れ

 

 

秦基博の2015年暮れに出たアルバム「青の光景」

その中にはコマーシャルソング3曲、映画の主題歌3曲含まれ

充実した内容で、何度聞いても飽きない。

その中にある「美しい穢れ」という曲について。

 

さわやかな秦さんからは想像もつかない、ちょっとストーカーじみた

歌詞なのですが

 

すごく好きで秦さんの声で聴くのが一番いいのだが

YouTubeにはカバーしか無くてここに紹介できず残念だ。

(いや、カバーされてる方々もお上手なのですよ(^^;))ポリポリ

 

 

「美しい穢れ」歌詞

 

そんな顔で 彼を 見つめるんだね

体よく 利用されてるだけと 気付いてるの?

 

どんな顔で 昨日 抱かれたんだろう

知らない君があふれて 僕は もう壊れそうだよ。

 

美しい その指も 肌も 穢されてゆくばかりで

僕のものに ならないのなら 君よいっそ 消えてしまえ

 

こんな気持ちになるくらいだったら

出会わなければ良かっただなんて 思えないんだ

 

狂おしい その唇も 足も 穢されればされるほど

輝き増してゆくから 僕は一層 離れられない

 

美しい その指も 肌も 穢されてしまえばいい

僕のものにならないのなら 君よ いっそ消えてしまえ

僕よ いっそ 消えてしまえ

 

 

青の光景

青の光景

 

 

 いかがですか?

文章だけで読み取るとなんともネチっこいですか?

片思いって切ない。

誰もが望み通りの恋愛などできない。

 

あいつさえいなければ自分が付き合えたかもしれないのにとか

どうせ自分なんか到底付き合える相手じゃないとか

頑張れば自分の方を向いてくれるかも!

 

などなど

相手に対して感じる「好き」は同じでも

自分の中でとらえる感情って人それぞれ。

 

もちろん、環境とか置かれた立場とかで違いはあれど

相手の幸せだけを願える「好き」って難しい。

 

だってみんな幸せになりたいに決まってるから。

人も好きだけど、自分も好きだし。

 

でも

出会わなければ良かったのにと思う恋もある。

苦しみだけしか残らないものも中にはある。

その思い出のファイルだけ

無かったことのように「削除」ボタンで消せたなら。

 

僕のものにならないのならいっそ消えてしまえ

僕も消えてしまえ

って

そんな気持ちも含まれてるのかな。

なんて切ないのだろう。