読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆の温泉 料理評判の旅館へ

私の母は乳がん再発の末期がんだ。

 

ma-piese172.hatenablog.com

 

 最近になって徐々に腫瘍も大きくなってきて

背中にあるものも、胸にかさぶたのようになってしまった部分も

痛みが出てきているようだ。

 

抗がん剤の副作用で、足の裏も薄皮を一枚張り付けたかのように

皮膚がピンと張って痛みがあるので常に靴下を2~3枚重ねている。

f:id:ma-piese172:20170422223456j:plain

 

年老いていくのと、腫瘍が大きくなるのと同時進行で

階段などは本当に辛そうになり、見ていても衰えを感じる。

 

それでもいろんなことを楽しみたい人だから

温泉に行きたがっていたけれど、私の気持ちが下向きのせいで

行動に移せないでいた。

 

だが、急激にやつれていく母を見ていたら

後になって悔やまないように、頑張って自分を奮起させて

伊豆の温泉に行くことにした。

 

人目を気にするから貸し切り露天風呂がある旅館を探し

露天風呂付き部屋というのでも良かったが

もっと大きな温泉に入れてあげたかったので

広い温泉を貸し切りにできるお宿を探した。

 

伊豆急スーパービュー踊り子号で行こうとすると

一番実家から近い武蔵小杉駅に止まるのは

『伊豆下田行9:45分』この1本しかない。

帰りの便も夕方に1本だけ。

人が多い時間帯に母にとって乗り換えは大変だから

その列車の時間に合わせることにする。

JRの改札口からこの電車が止まる横須賀線のホームまでは10分くらいかかる。

JR南武線はめったに乗らないから

改札口の周りに売店しかないなーと思って改札くぐったら

小さな崎陽軒の売店があった!

改札の外からは見えない(-_-;)

 

最近値上がりした崎陽軒のシュウマイ弁当を買って

スーパービュー踊り子号に乗車。

スーパービューというだけあって窓ガラスが大きいことが特徴。

そして進行方向左側に海の景色が見られるのでAB席に乗るのがおすすめ。

帰りの海側もAB席。

普通に考えると帰りに海の景色を見るのにはCD席だと思うが

こちらの列車は1号車から10号車まであるのだが

帰りは10号車が先頭になるということ。

平日はガラガラ。

f:id:ma-piese172:20170423202332j:plain

 

 泊ったのは

今井浜海岸近くの「かね吉一燈庵」

f:id:ma-piese172:20170422225216j:plain

こじんまりしていますが居心地の良いお部屋は和洋セミスイート

 

f:id:ma-piese172:20170422225306j:plain

洗面所も和風でおしゃれ

 

f:id:ma-piese172:20170422225359j:plain

ロビー横のバーカウンターのお部屋兼喫煙室

ここではいつでもコーヒーと日本製紅茶をセルフでいただくことができます。

↓様々なカップの中から自分で選ぶというのも女心をくすぐります。

f:id:ma-piese172:20170422231121j:plain

 

f:id:ma-piese172:20170422225436j:plain

貸し切り露天風呂はとても広くて

満天の星が降るように、北斗七星がはっきりと見えて感激しました。

温泉の後は

2人用個室の岩盤浴もして、すっきり。

 

f:id:ma-piese172:20170422225525j:plain

 

肝心な夕食の写真を撮り忘れて朝食の写真だけ(笑)

2015年口コミサイトの食事部門で1位だったそうで

夕食もお刺身や稲取産の大きな金目鯛の煮つけも美味しいし

アワビの蒸し焼きをレモンバターでいただいたり、豆乳鍋もおいしかったし

最後の最後まで抹茶プリンのデザートもお腹いっぱいなのに絶品だったし

手が込んでいるお料理だったのに

写真を撮り忘れたのがひどく残念( ノД`)

 

朝ごはんのお味噌汁の具がキレイに別盛りされていて

みそ汁は常に暖かい状態でとろ火にかけてある。

f:id:ma-piese172:20170423211553j:plain

 

地元の食材にこだわったたくさんの野菜とお魚をいただき

また行きたい!と思える

大変満足できるお宿でした。

 

f:id:ma-piese172:20170422231749j:plain

 

 

f:id:ma-piese172:20170422225556j:plain

 山の向こうに富士山が浮いています。

前日は強風でリフトが休止だったそうでラッキーでした。

 

帰りは伊東マリンタウンという道の駅に寄り

遊覧船では、地下で海の中の魚を見られるようになっていて、楽しめます。

こちらは以前ワンコと乗ったことがあるのですが

わんこと楽しめます!ってワンコは興味ないでしょうが(^^;)

 

 今回は元気のない中、母のためと何とか

行かれて良かったけど

確かに疲れました(^-^;

子どもを連れていくのと一緒で、荷物も全部持たなきゃいけないし

全部ひとりでやらないといけないですからね。

旅館でも疲れてるはずが、なかなか寝られなかったし

 

自宅に帰ってきたらまた変な状態に陥りました。。。_| ̄|○ ガクッ

…(´;ω;`)ウゥゥ

心の底から楽しんで旅行がしたいものです。

 

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村