おばさんと呼ばれること。気にする?気にしない?

年齢を重ねるにつれ気になっている言葉がある。

「おばさん」

 

人は中年の女性を呼び止める時などに

「おばさん!」と呼ぶ。

もっと高齢者になる人に対しては「おばーちゃん」と呼ぶ。

 

小さい子供から呼ばれるならまだしも

自分より上じゃないかって思うような人から

「おばさん」呼ばわりされたらムッとするでしょうね。

 

これってもっといい呼び方無いんですかねえ。

よく商店のおじさんは中高年の女性に対して

「おねえさん」とか「奥さん」と呼んだりしてます。

 

でも昨今未婚者も多いし「奥さん」と呼ばれて

いい気はしない女性もいることでしょう。

「おねえさん」ってのも

「お姉さんって・・(^^;ゞポリポリ」って思う反面

ちょっといい気分だったりすることもあるけど

 

なんかもっとスマートな言い方を定着させるべきですよね。

年齢で分けられるような「おねえさん」「おばさん」「おばあさん」

男性では「おにいさん」「おじさん」「おじいさん」

これは親族にもある肩書だし

他人の年下から呼ばれると

言い方によっては見下されてる感じを受けたりしますし。

 

老けた感情を受けない言いかたがあればいいのに。

女性なら女性全般に使える呼び方とか。

 

日本人はだいたい「若い子好き」で歳を重ねることを

「衰えていく」ととらえている風潮があるので

もっと家庭内で、歳を重ねた人たちを尊敬することを

教育できればいいんですけどね。

 

それには年齢が上がっても

身だしなみに気を付け

図々しくなったり身勝手なふるまいをしたりしないように

若い人たちのお手本になるよう心掛けていかないといけませんよね。

 

どう抗っても

おばさんなんだけど

いいおばさんでいたいです!